IMAGINEする。想像するということ。

2016.08.06 Saturday

0

    imagine

     

     

    須田誠 写真教室の大事な4つのキーワード、最後です。

    IMAGINE。想像するです。

    1.LOOKでよーーーく見ました。
    2.FEELでよーーーく感じました。
    最後はIMAGINE。想像するです。

     

    では、前回のペットボトルをFEELするから続いて見てみましょう(FEELを読んでない人はこちらから)。

     

    目の前にあるペットボトルに入った水はどこで採れた水だろうか?

    IMAGINEしてみてください。

     

    南アルプスなのか、フランスの山の中なのか、どこかの島の水なのか。

     

    誰が採ったんだろう。おじさんかな、バイトの子かな。

     

    どうやって? バケツで?(笑)、採取する機械があるのかな。地下の奥底から汲み上げているのかな? 湧き出ているのかな。

     

    どうやってペットボトルに入れているのだろう。まさか手作業じゃないよな。

     

    晴れの暑い日に採取しているのかな、それとも山の中の寒い中で採取しているのかな。

     

    どんどん、どんどん想像していってください。

     

    ペットボトルの形状はなんでこんな形?

    底も見てみよう。あれ、こんなになってる。どうして?

     

    ラベルの山の絵。これはどこだろう。誰が撮ったのかな。イラストを描いたのかな。

     

     ☆

     

    例えば。
    好きな人のこと。想像してみてください。

    どんなことをしたら喜ぶかな。

    どうやったらきれいに撮れるかな(カッコ良く撮れるかな)

    想像してみてください。

     

    友達のこと。

    どんなことをしたら嫌がるかな。いじめなんて良い訳がありません! 自分がされたらどうかな。

     

    バナナのこと。

    皮を向かれるときはどんな気分かな。

    暑い国からはるばる日本までどうやってきたのかな。

     

    戦争のこと。

    爆弾が落ちてきたらどんな音がするのかな。

    鉄やコンクリートの破片が飛んできたらどうしたらいいんだろう。

    爆弾を落とした人はどんな気持ちかな。

    想像力さえあれば爆弾なんて落とさないはずがないのに。

     

    想像する。

    それは創造することでもあります。

     

    常套句でもありますが、「アートは世界を救う」なんてちょっと臭い言葉。長いこと写真家をやっているとそんな陳腐な言葉に懐疑的なときもありました。
     
    ただの写真なんていう紙っぺらや、絵の具が付いたキャンバス布、石を削った彫刻とやら…沢山の芸術やアートがあるけれど、今までに戦争が停まったことはありません。アートなんて…。
     
    それでも、想像し続けてみてください。
     
    人間の想像が終わったらすべてが終わりです。
    これから人工知能によって多くの人の想像力が奪われてしまう可能性があります。すでにゲームやパソコン、インターネットの影響で人のことを優しく想うことさえ薄れてきています。
     
    写真もまったく同じです。
    被写体のことを想像して撮ってみてください。
     
    きっと優しい気持ちで撮れることと思います。
     
    これを読んでいるあなたが超がつくほど初心者だとしても、その1枚の写真はとても意味が深いものになります。
    想像を忘れずに。

     

     

    では、Enjoy Photo!!!
     
     
     
     
     

    FEEL。そうすべてを感じることです!

    2016.08.06 Saturday

    0

       

      さて、次に大切なことは、

      FEELです。被写体を感じることです。

       

      いつも写真を撮るときにFEELしていますか?

       

      例えばいつもSNSにアップしているランチの写真。

      「あ、運ばれてきた。うーん美味しそう(スマホでカシャ&SNSにアップ)」

      食べてから「あー、美味しい」。

       

      ちょっと時系列が逆ですよね(笑)。

      運ばれてきた⇒ 食べる⇒ 美味しいと感じる⇒ カシャ⇒ SNSが正しい順番ではないでしょうか。

       

      次からは是非一口食べてから撮ってみましょう。

      そうですFEELを加えてみましょう

      味、香り、食感、素材の良さ…を感じてから撮る。

      すると写真がぐっと変わってくるはずです。どうして美味しいのか、この美味しさを伝えるにはどうしたらいいのか、その角度がいいのか、どの光具合がいいのか、全体を入れるべきか、お皿は切ったほうがいいか、ドアップがいいか、湯気を強調するにはどうしたらいいか…。

       

      冷たい飲み物であれば、どれぐらい冷たいか、コップを持ってみたら手が濡れた、飲んだらどんな気分になるか…。

       

      FEELすると写真や被写体に対する気持ちがアップすることが違うことがわかると思います。

      試しにやってみてください。

       

      人物写真でも、風景写真でも、物でも全て同じです。

      被写体の相手をFEELしてください。

       

      例えば、なんでもない、面白みのない水のペットボトル物を撮るとしましょう。撮る気さえおきませんよね(笑)。撮ってどんな意味があるのか。SDカードがもったいないだけです。

       

      では、FEELしてから撮ってみましょう。

       

      まず持ってみましょう。

      「あ、冷たい!」

      「あ、結構重い」

      「けっこう表面って凸凹してる」

       

      「飲んでみたら、水が柔らかい。水って匂いはするのかな?」

       

      どんどんFEELすることでただの水が変化していきます。

      いや、撮影者が変化してきているのです。

       

      すべての被写体をFEELしてみてください

       

      最初は面倒くさいかもしれません。そのうちに癖になってちゃんとFEELできるようになるので毎回、心がけていってみてください。

       

      世の中の何でもない、つまらないものが全て面白いものに変わります。

       

      まずLOOKしたあとに、感じる!

       

      人生と写真は同じです。

      写真と人生は同じです。

       

       

      次回はIMAGINEです!

       

      では、Enjoy Photo!!!

       

      須田誠 写真教室 初級クラス!

      We believe Photo Power!!!

       

       

      JUGEMテーマ:写真教室【簡単!One Point Lesson】

      LOOKする。よーーーーーく見る!

      2016.07.22 Friday

      1

       

       

      まず、写真を撮るにあたって大事な4つのキーワードを覚えておいて下さい。

       

       1.LOOK 見る

       2.FEEL 感じる

       3.IMAGINE 想像する

       4.TAKE 撮る

       
      です。

      まずは、LOOKから始めましょう。

       

      なにしろ撮影の第一歩はLOOKです!!

       

      よーーーーーーーーーーーーーーーーーく見るということです。

       

      何を差し置いてでもLOOK!!!

      撮る前にかならずLOOK!!!!

      ご飯の前にLOOK!!!
      何が何でもLOOKです!!!
       
      まだ撮ってはダメです(笑)。
        
      どれぐらいよーく見るかというと、例えば人を撮るとしたら、まつ毛の一本一本、髪の毛の一本一本から始まって、メークはもちろん、服装、靴、アクセサリーといった外見から、その人の生い立ち、性格、学歴、収入まで(最後の方は半分冗談ですが笑)。
        
      目で見えるものはとりあえずよーく見てください。
        
      空であれば、雲の一つ一つ、形状、流れ、色、白い部分、グレーの部分、オレンジ、薄いオレンジ、ちょっと薄いオレンジ、濃いオレンジ、ちょっと濃いオレンジ、ピンク、表現できない色、空とのまじり具合…。
        
      木であれば葉っぱの一枚一枚、枝の一本一本、根っこから、木の肌から、土、カブトムシ、セミ、ギザギザ、凸凹、光のあたりかた…。
       
      普段、通勤、通学に使っている道の風景、会社の室内、会議室、クラスの中、ロッカーの中、駅、道路、どこでもなんでも細かくよーーーーーくLOOKです。
       
      意外と彼女や彼氏の顔なんてよーーーーーく見てみると、あれ、あんまりよーーーーーくLOOKしてなかったなーなんてこともあります。突然LOOK力が強くなって「なんか変」なんて言われないように(笑)。
       
      もし家の中であれば、本棚でも見てみてください。どんな本があったかはわかるかもしれませんが、本の凸凹加減、太さ、どんな色あいの背表紙が並んでいるか、その書体は…などと見ていくとほとんど普段の生活ではざくっとしか見てなかったことがわかると思います。
       
      まず写真を始めるにあたって大切なことは「よくLOOKすること!」ことです。
       
      人間はけっこうよーーーーーく見ているようでまったく見ていません。ざくっとしか見ていません。それは脳が、すべてをよーーーーーく見ていたら疲れてしまうので整理をしてくれているからです。このLOOKの仕方で生活をしていたらなかなか会社まで辿りつけないはずです。まず玄関で靴をはくだけでも一時間はかかってしまいます(笑)。
       
      この【One Point Lesson】をどこで読まれているでしょうか。もし電車の中でスマホで読んでいるのであれば、顔を上げて前に座っている人たちをよーーーーーく見てみてください。何時間でも見れますよね。すごい世界が広がっているはずです。
       
      ぜひ今から、色々なものをよーーーーーく見てみてください。
      世界が変わります。
       
      それができたらファインダーを覗いてまた、よーーーーーく見てみて下さい!
      写真がガラッとかわるはずです。
       
       ではEnjoy Photo!!!
       
      We believe Photo Power!!!

      【One Point Lesson】の使い方!

      2016.07.19 Tuesday

      1

      FACEBOOKで書いておりました【須田誠のOne Point Lesson】をこちらのブログでまとめていきたいと思います。

       

      今までFACEBOOKの写真教室ページへ投稿していたのですが、ありがたいことに好評をいただいておりました。

       

      FACEBOOKを持っていない多くの皆さんからも是非読みたいということで新たに【One Point Lesson】として開設することにいたりました!

       

      みなさんの写真ライフに少しでもお役に立てれば光栄です。

       
      【使い方】
      ⇒上部のCategoryで学んでみたいコンテンツを選んでみてください!
      ⇒お目当ての内容がみつからなかったら、上部の「虫眼鏡の枠」に調べたい言葉を検索してみてください!
      ⇒こんなことが知りたい!などリクエストもお待ちしております。メールはこちらまで!
       
      写真は押すだけ!
      幸せを残せる道具カメラ!
      We believe Photo Power!!!
        
      Enjoy Photo!!!
       
       
      ★須田誠に直接習ってみたいなと思った方はこちらまで!

       

       

      構図 ヒマワリ編 その1

      2016.07.19 Tuesday

      0

         

        構図っていうといきなり形式張った匂いがプンプンしますね。写真をやっている人なら多かれ少なかれ、

        構図について検索などしたことがあるのではないでしょうか。
         
        大切なのは自分がその被写体に何を感じ、どこをどういうイメージで撮りたいかが重要だと思います。
         
        構図には感じるハートと想像力が大事になってきます。
         
        それを踏まえて画面上に何を入れて、何を切り捨てるかがポイントになってきます。
         
        教科書通りの形式にはまった構図や、一般常識、固定イメージよりも自分の感性を優先する。
         
        ヒマワリの写真というと大体、花が画面一杯に入っているか、沢山のヒマワリが入り込んでいるひまわり畑…あのイメージですよね。
         
        今年の夏。僕はヒマワリに顔を近づけて香りをかいでみたのです。

        そうしたらなんともう幸せな、心が癒やされる香りがしたのです。
         
        夏の背の高い、強く明るいヒマワリのイメージとは全く反対のとても優しい、フワーッとした、脳までゆったりとした気持ちになるような。
         
        写真は常に、LOOK, FEEL, IMAGINE,TAKE!!!
         
        よく見て、触れて、嗅いで、感じて、想像してから撮ってみてください。
         
        きっと構図が変わります。
         
        Enjoy Photo!!!

         
         
         
         


         

         

         

          


         

        2017年度生徒募集開始!

         


        写真家・須田誠の授業は楽しくて上手くなります!

        写真仲間とたくさんつながれます!

        須田誠 写真教室 初級クラス!