桜の撮り方。その9。毎日カメラを持ち歩く

2017.04.10 Monday

0

     

     

    カメラの技術の中でとても簡単なのだけど難しい技術の一つ。

     

    毎日カメラを持ち歩く。

     

    できそうでなかなかできない。

    もちろん会社のセキュリティーの問題とか、仕事の内容によっては持ち歩けない人もたくさんいるだろう。

     

    でも意外と持ち歩ける人でも持ち歩かないものだ。

     

    カメラを持たなかった日に限って良い被写体や、良い光や、良い風景に出会ったという経験はないだろうか。

     

    「うわー、なんでこういう日に限ってカメラを持ってないのだろう(T_T)」的な。

     

     

    逆に、

    「よーし、今日は撮るぞー!」

    と意気込んで出かけた日は一枚も撮らなかったり(笑)。

     

    後者はいいとして、前者だ。

     

    カメラを持ってない日に絶景夕焼けや、虹が出たりするものだ。

     

    実はこれは僕の写真教室の宿題にもなっている。

     

    毎日カメラを持ち歩く。

     

    意識を変えていくことだ。良い作品を撮りたかったら高級カメラを購入するよりも、意識を変えていくことだ。

     

    朝、ゴミを捨てに行くときも、キッチンに行くときも、パジャマのままコンビニに行くときも、ちょっと図書館に行くときも…常にカメラを持ち歩く。

     

    これが写真上達のコツでもあります。

     

    Enjoy Photo!!!

    須田誠

     

     

    須田誠 写真教室 初級クラス!

    http://travelfreak.jp/ws-beginner/

     

     

    関連する記事
      コメント
      コメントする