桜の写真の撮り方 その5。絞りと英会話は同じ!

2017.03.30 Thursday

0

    さて一眼レフには絶対に外せない言葉。

     

    絞り!

     

    F値!

     

    ボケ!

     

    前回の安いレンズでもボケるよっていう話はこちら。

     

    絞りとかF値って何?っていう人はそんなこと忘れて下さい(笑)。

     

    日本人が英語を6年間も学んだのに話せないのと、写真も同じです。

    一から正確にやろうとするからつまづいてしまうのです(笑)。

     

    受験勉強じゃないんですから!

     

    遊びなんですから!\(^o^)/

     

    英語にしても、文法も発音もさておき、俺はこれが話したいんだー!っていう気持ちがあれば伝わるのです。

     

    僕がNYに滞在中、英語の学校に通っていました。日本で少しは学んでいるので10段階のレベルで少なくとも4ぐらいのクラスには入れるだろうなと思っていました。

     

    ところが実際には下から二番目の「1」のクラスでした(笑)。その下の「0」は英語教育を受けていない国から来た人たちのクラス。かなりショックでした(笑)。

     

    でも僕のクラスの人たち、イタリア人、スペイン人、ポーランド人、イエメン人などの各国の人たちは、文法も発音も無視して、英語でしゃべりまくっていました。

     

    うおー、これだ、これだ。言葉って、話すってこういうことだって思いました。

     

    日本人はS+V+Cみたいな(笑)。

    それじゃ、良い大学には行けても話はできません。世界において行かれてしまいます。

     

     *

     

    で、絞りですが簡単ですから!

    S+V+Cなんて忘れて!

     

    ファインダーの中なり、モニターなり、カメラ上部の表示画面なりに

     

    小数点の数字がありますよね。

     

    それを小さい方にすればボケる。

     

    大きい方にすればボケない。

     

    以上です(笑)。

     

    下の三枚の写真は、数字が小さい方から大き方へダイヤルを回した変化の写真です。

    カメラほど簡単に表現できる道具はありませんよ。
    指先をちょこっと動かすだけですからね(笑)。
     
    もっとボケたかったらこちらの記事もご参考に!
      
     *
     
    そんな須田誠が主催する写真教室はこちらです。
    今週末4/1スタートの土曜クラスはまだまだ募集中です!

     

    Enjoy Photo!!!

     

     

     

    コメント
    コメントする