桜の写真の撮り方。その1。撮る時に一番大事なことって何?

2017.03.20 Monday

0

     

    さあ、桜の季節がやってきましたね。

    その前にワンポイントレッスン!


    桜を撮る時に一番大事なことはなんでしょう?

    絞り? レンズ? 画素数?

     

    それは…。

     

    撮ったあとです。

    (えー、まだ撮ってないのに? だからこそです)


    撮る前に撮ったあとのことをどうするかを知っておくことです。

     

    <記憶色>と<期待色>という言葉があります。

    といっても別に難しいことではありません。読んで字のごとしです。

     

    簡単に言うと。

     

    ●記憶色:
    家に帰ってきて思い出す記憶していた色。その時の気持ちなどに影響されます。

     

    ●期待色:
    こんな色だったらいいなーという色。

     

    みなさん、桜の色は何色ですかと聞くと何の疑いもなく「ピンク」と答えるかと思います。しかしみなさんの頭のなかにあるピンクは、100人に聞いたら100ピンク色の種類があると思います。実際にはピンクではないにも関わらず。

     

    実際には白に近い薄いピンク色ですよね。年齢や体調、もしかしたら男女でも違って見えているかもしれません。天気や太陽の方向でも違って見えるかと思います。

     

    カメラで撮影した桜は、色々な天気の中、色々な設定や条件により、色々な色で写っていることでしょう。

     

    そこで出てくるのが、
    ⇒記憶色
     ⇒期待色

     

    家に帰ってきて、さてブログやSNSなどにアップしようと思った時にこのことを思い出してみてください。

     

    つまり撮影のときにこのことを知らないと、帰宅してから「えーと何色だったかなー」ということになってしまうかと思います。匂いもしかり、正確な色を覚えているというのは意外と難しいことだと思います。

     

    そしてそれは本人以外にはわからないことでもあります。一緒に見に行った人に聞いてもわからないでしょう。言葉ではもちろん説明できませんし、その人と自分では違って見えているわけですから。

     

    本来はどんな色だったでしょうか。

     

    そして、どんな色にしたいでしょうか。


    どんな色だったらいいかな。

     

    その時の気分はどんなだったでしょうか。

     

    思い出してください。

     

    そして今の気分はどんなでしょうか。


    表現してみてください。

    自分の桜を。

     

     

    期待が強すぎてあまり極端に色を変化させてしまうと後で飽きがきます。画像処理した直後は「おー、期待通りのビビッドで鮮やかな色だ!」と思いますが、落ち着いて見るとビビッドすぎるなーということがあります。

     

    ほんの少しだけ調整してあげるのがコツですね。

     

    PS:お花見の時に、酔っていて記憶が無い人はしょうがないですね(笑)。

     

     

     

    この記事を書いてる僕、須田誠が教える写真教室 初級クラス!

    毎月開催していますのでぜひいらしてください!

    講師・須田誠の仕事:EXILE、オマーラ・ポルトゥオンド、BEAMS-T、プチコキャン、旅行雑誌etc。

    著書『NO TRAVEL,NO LIFE』は25000部を発売!

     

     

     

     

     *

     

    簡単に色補正した写真を一例ですがアップしておきましたので参考にしてみてください。

    1.撮ったまま画像
    2桜は.ピンクだったよなー(マゼンタ少々プラス)。
    3.ちょっと青っぽいすーっとした感じにしてみようー(シアン少々プラス)。
    4.あの時あの子と一緒で温かい気持ちだったなー(暖色系フィルター)。
    5.ほんわーかな春だった(明瞭度下げる)
    6.ロックな桜だったなー(笑)。
     

     

    1.撮ったままのカット