キューバ写真から見る画像処理 モノクロ・マジック(白黒写真)

2016.10.12 Wednesday

0

    キューバ モノクロ

     

    前回の「キューバ写真から見る画像処理」の写真から一歩進んでモノクロ(白黒)写真にしてみました。

    さらにキューバらしさを写真で表現できました。

    1950年代から何も変わっていないキューバ。

    この写真が50年代の写真だと言っても誰もわからないかもしれません。

     

    かく言う自分でさえ、2002年に撮影した写真と2015年に撮影した写真を見比べてどちらがどちらだかわからないカットもあるぐらいですから。この車体自体は1950年代のものですからね。

     

    写真をよく見ると新しい街灯やエアコンが写っているのでこれは近年の写真だなとわかります。しかし2002年か2015年かと聞かれたらキューバ人でもわからないかもしれません(笑)。

     

    さてモノクロ写真の落とし穴。

    まずは、どんな写真でも大抵はかっこよく見えてしまうということです。ましてやこのようにコントラストを強くすると、それだけで何か意味ありげな雰囲気が出てしまいます。

     

    カメラによって内蔵されている「アートモード」のモノクロなどは本当によく研究されてできているので、それだけでどんな写真でもプロがレタッチしたように撮ってくれます。

     

    それはずるいよと思う人もいるかもしれませんがそれも一つの時代ですからね。昔はできなかったのですから。

     

    まあ、かっこよければそれはそれで良いのかもしれませんね(笑)。

    だってカッコイイのですから文句の付けようがありませんね。

       

    モノクロTip!

    【1】デジタルの場合は必ずカラーで撮影して、後からパソコンでモノクロに変換しましょう。

    なぜならば、モノクロモードで撮影するとカラーに戻せないからです。

    撮影したときはモノクロが良いだろうと思っていても、帰宅してパソコンで見たらカラーの方が良かったとなっても取り返しがつきません。

     

    【2】RAWで撮影している人は、あとでカラーにでもモノクロにでも現像できます。

    なので撮影時には「RAW+Jpg」の設定にして、ピクチャーモードをモノクロにしておくと、背面モニターではモノクロとして確認できますのでやってみてください。

     

    【3】かなりアナログですが必殺技(笑)。濃い目の黒いサングラスをかけて撮影してみてください。ファインダーで覗いた映像(被写体)自体がモノクロで見えるのでイメージしやすいです。

     

    では!

    Enjoy Photo!!!

     

    Photo by Makoto Suda

     

    この記事を書いてる僕、須田誠が教える写真教室 初級クラス!

    毎月開催していますのでぜひいらしてください!

    講師・須田誠の仕事:EXILE、オマーラ・ポルトゥオンド、BEAMS-T、プチコキャン、旅行雑誌etc。

    著書『NO TRAVEL,NO LIFE』は25000部を発売!

     

     

     

     

     

    コメント
    コメントする