桜の撮り方。その10。ストロボ+多重露光

2017.04.30 Sunday

0

    さて、もう東京ではすっかり桜も終わりましたが今年はどんな桜が撮れたでしょうか。といってもブログは世界中の人たちが見ているのでまだ北海道の人たちはこれからが見頃ですね。

     

    基本的なカメラの操作は、絞りとシャッタースピードとISO感度の組み合わせ。

     

    そこにストロボが加わるだけでかなり幅が広がります。

     

    通常は単純に明るくするとかぶれないように使用することが多いと思います。そこに想像力とアイディアと、色々な技を組み合わせていくとオリジナル作品ができてきます。

     

    それはストロボに限ったことではありません。沢山検証撮影して沢山失敗して、その失敗の中から新しい作品が生まれてくることはよくあると思います。

     

    ギターをやったことがある人は聞いたことがあると思いますが、チョーキングというテクニックがあります。キュイーンと弦を押し上げて半音とか一音ぐらい音程を上げる技術です。

     

    あれって、最初にやった人は(たぶんですけど)失敗したのだと思うのです。ブルースギタリストかだれかがライブハウスで酔っ払って弾いていたら、

    「うわ、やべっ、力入れすぎて音が外れちゃった」

    お、でもいいじゃん、この感じ!

     

    といって、正しい音と外れた音を組み合わせてあのような弾き方ができたのではないかと僕は思っています。

     

    写真も同じです。特にデジタル化してからはなんでもありです。

    じゃんじゃん試してオリジナルの写真を撮ってみましょう。

     

    写真に正解はありません。

    学校じゃないんですから!(笑)。

     

    Enjoy Photo!!!

     

    写真は、夜間にストロボと多重露光を組み合わせて撮った写真です。

    まるで絵のようになりました。

     

     

     

     

     

     

     

     

    須田誠 写真教室

    桜の撮り方。その9。毎日カメラを持ち歩く

    2017.04.10 Monday

    0

       

       

      カメラの技術の中でとても簡単なのだけど難しい技術の一つ。

       

      毎日カメラを持ち歩く。

       

      できそうでなかなかできない。

      もちろん会社のセキュリティーの問題とか、仕事の内容によっては持ち歩けない人もたくさんいるだろう。

       

      でも意外と持ち歩ける人でも持ち歩かないものだ。

       

      カメラを持たなかった日に限って良い被写体や、良い光や、良い風景に出会ったという経験はないだろうか。

       

      「うわー、なんでこういう日に限ってカメラを持ってないのだろう(T_T)」的な。

       

       

      逆に、

      「よーし、今日は撮るぞー!」

      と意気込んで出かけた日は一枚も撮らなかったり(笑)。

       

      後者はいいとして、前者だ。

       

      カメラを持ってない日に絶景夕焼けや、虹が出たりするものだ。

       

      実はこれは僕の写真教室の宿題にもなっている。

       

      毎日カメラを持ち歩く。

       

      意識を変えていくことだ。良い作品を撮りたかったら高級カメラを購入するよりも、意識を変えていくことだ。

       

      朝、ゴミを捨てに行くときも、キッチンに行くときも、パジャマのままコンビニに行くときも、ちょっと図書館に行くときも…常にカメラを持ち歩く。

       

      これが写真上達のコツでもあります。

       

      Enjoy Photo!!!

      須田誠

       

       

      須田誠 写真教室 初級クラス!

      http://travelfreak.jp/ws-beginner/

       

       

      桜の写真の撮り方 その8。桜の抽象化。

      2017.04.05 Wednesday

      0

         

        東京も満開に桜が咲きましたね!

        いやー、どんどんアップしていかないと桜の【One Point Lesson】が桜前線に追い抜かれる(笑)。

        あ、東京から北の方は、まだ間に合いますね(笑)。

         

        この写真は桜の下に流れている川に写った桜を逆さにして、少々画像処理して彩度を上げています。

         

        リフレクション(反射)も写真を逆さにするのも古典的テクニックですが使い用ですね。

         

        今回のように川がゆったりと流れ、少々風で揺らいでいると抽象画のようになります。

         

        下の写真も肉眼で見た状態で抽象画に見えました。Photoshopで加工しているわけではありません。

         

        浮かんだ葉っぱだけがリアルなのが面白いですね。

         

         

        リフレクションは雨の水たまりやショーウインドーや窓ガラスの反射など、なんでもありです。

         

        ヴィヴィアンマイヤーのリフレクションなんて凄くカッコイイいので参考になります。

        このサイトの「INTRODUCTION」をクリックして出てきた写真を見てみてください。

         

        写真ってやっぱりよーーーく見ることが大事だなと思います。

         

        Enjoy Photo!!!

         

         

        須田誠 写真教室 初級クラス!

        http://travelfreak.jp/ws-beginner/

         

         

         

         

         

         

         

        桜の写真の撮り方 その7。桜は何色?

        2017.04.03 Monday

        0

           

          さくらはピンクと誰か決めましたか?(^^)。

          桜は満開じゃないといけないのか?

           

          情報なんて捨てて、自分のココロに正直に。

            

          写真よ自由であれ!
          Enjoy Photo!!!

          須田誠 写真教室 初級クラス!

          http://travelfreak.jp/ws-beginner/

           

           

          桜の写真の撮り方 その6。雨の日は桜を撮りに行こう!

          2017.04.02 Sunday

          0

             

            雨の日に写真。

            絶対いやですよね。

            だってカメラが濡れちゃうもの(T_T)。

             

            いや違います。

            雨の日だからこそカメラを持ってでかけるのです

             

            なぜって?

            みんな雨の日はカメラを持ち歩かないからです。

            そう、シャッターチャンスなのですよ!

             

            普段見ない風景を切り取れるチャンス。

            みんなが撮らないからこそ、撮るのです。

             

            草木はしっとりと、アスファルトは輝き、水たまりにはリフレクション。

             

            雨の日は被写体の宝庫です。

             

             

            レンズが濡れて面白い絵が撮れるかもしれません。

            もしかしたら虹が出るかもしれません。

            ストロボを焚いたら不思議な絵が撮れるかもしれません。

             

            雨の日は絶対にカメラを忘れないように!

             

            Enjoy Photo!!!

             

            須田誠

             

            須田誠 写真教室 初級クラス!

            http://travelfreak.jp/ws-beginner/

             

             

            桜の写真の撮り方 その5。絞りと英会話は同じ!

            2017.03.30 Thursday

            0

              さて一眼レフには絶対に外せない言葉。

               

              絞り!

               

              F値!

               

              ボケ!

               

              前回の安いレンズでもボケるよっていう話はこちら。

               

              絞りとかF値って何?っていう人はそんなこと忘れて下さい(笑)。

               

              日本人が英語を6年間も学んだのに話せないのと、写真も同じです。

              一から正確にやろうとするからつまづいてしまうのです(笑)。

               

              受験勉強じゃないんですから!

               

              遊びなんですから!\(^o^)/

               

              英語にしても、文法も発音もさておき、俺はこれが話したいんだー!っていう気持ちがあれば伝わるのです。

               

              僕がNYに滞在中、英語の学校に通っていました。日本で少しは学んでいるので10段階のレベルで少なくとも4ぐらいのクラスには入れるだろうなと思っていました。

               

              ところが実際には下から二番目の「1」のクラスでした(笑)。その下の「0」は英語教育を受けていない国から来た人たちのクラス。かなりショックでした(笑)。

               

              でも僕のクラスの人たち、イタリア人、スペイン人、ポーランド人、イエメン人などの各国の人たちは、文法も発音も無視して、英語でしゃべりまくっていました。

               

              うおー、これだ、これだ。言葉って、話すってこういうことだって思いました。

               

              日本人はS+V+Cみたいな(笑)。

              それじゃ、良い大学には行けても話はできません。世界において行かれてしまいます。

               

               *

               

              で、絞りですが簡単ですから!

              S+V+Cなんて忘れて!

               

              ファインダーの中なり、モニターなり、カメラ上部の表示画面なりに

               

              小数点の数字がありますよね。

               

              それを小さい方にすればボケる。

               

              大きい方にすればボケない。

               

              以上です(笑)。

               

              下の三枚の写真は、数字が小さい方から大き方へダイヤルを回した変化の写真です。

              カメラほど簡単に表現できる道具はありませんよ。
              指先をちょこっと動かすだけですからね(笑)。
               
              もっとボケたかったらこちらの記事もご参考に!
                
               *
               
              そんな須田誠が主催する写真教室はこちらです。
              今週末4/1スタートの土曜クラスはまだまだ募集中です!

               

              Enjoy Photo!!!

               

               

               

              桜の撮り方。その4。ボケ・5つのコツ!

              2017.03.27 Monday

              0

                桜 ボケ

                 

                一眼レフの最大の特徴の一つにボケということがあります!


                そんなの簡単簡単!!!

                 

                私のレンズはキットレンズだから、安いしあまりボケないという話をよく聞きます。

                APSCだし…、ミラーレスだし…。

                 

                とんでもないです。ボケますよ!

                どんどんボケて下さい!(笑)

                 

                次の5つのポイントを試してみて下さい。

                 


                ●これだけ覚えておけばバッチリボケる!

                 

                ボケ5ツのコツ!!!!!


                【1】絞り値の数字が小さいほどボケる(F1.2とかF2.0とかF3.5など…)


                【2】寄れば寄るほどボケる(足で動いて寄る。一歩寄るだけでかなり違う!)


                【3】望遠側の方がボケる(55mm、70mm、100mm…)


                【4】背景が遠ければ遠いほどボケる


                【5】ピントを合わせた被写体の前後がボケる



                これはもちろんですが、桜だけじゃなくて人物でも物でも全てにおいて同じです。

                 *
                 
                番外編:お酒を飲む! これが一番効果があるかもしれません。でもそれはピンボケですのでご注意を(笑)。

                 

                Enjoy Photo!!!

                 

                 

                 

                須田誠 写真教室 初級クラス! 

                4/1(土)スタート土曜クラス!まだ申し込み可能です!

                http://travelfreak.jp/ws-beginner/

                 

                 

                 

                 

                 

                 

                 

                 

                 

                 

                 

                 

                 

                 

                桜の撮り方。番外編。トラブル!カメラが動かない(T_T)。

                2017.03.24 Friday

                0

                   

                  友達の街の電気屋さんに聞いたのですが、修理を持ち込まれた電気製品はまず叩くと聞きました(笑)。←ちょっと古い情報かもしれませんが(笑)。

                   

                  テレビなど、ボンと頭を叩くとそれだけで直るとか直らないとか。

                   

                  つまり接触不良ということなんでしょうね。

                   

                  カメラもトラブルで動かなくなった時にちょっとしたことで動くようになったりしますのでやってみてください。

                   

                  二つだけ。

                  1. バッテリーを一度外してみる。
                  2. レンズを外してみる

                   

                  これが意外と有効だったりします。

                   

                  桜の撮影にかぎらずいざという時に覚えておくと便利です。

                  元より接点の掃除などこまめに普段からやっておく必要がありますけどね。

                   

                  Enjoy Photo!!!

                   

                   

                  須田誠 写真教室 初級クラス!

                  4・1スタート土曜クラス募集中!

                  http://travelfreak.jp/ws-beginner/